着圧ストッキングでむくみ解消

体が冷えている時は、足がむくみやすくなってしまいます。

 

血流が悪くなってしまい、水分が溜まりやすくなっているのでしょうね。

 

夕方になると、足が重たくなってしまいます。

 

冬は体が冷えるためむくみがちですが、夏も冷房によくあたるため、むくみを起こしてしまいます。

 

冷たいものをよく飲むのも良くないのかもしれません。

 

 

 

むくみを感じたら、まずはできるだけ体を温めるようにしています。

 

飲み物や食べ物に生姜を入れたり、お風呂はシャワーですませず湯船に入るようにしたりしています。

 

 

 

それでもむくみが解消しない時は、着圧ストッキングを着用しています。

 

効果は抜群で、夕方になってもむくみ知らずです。

 

締めつけられるのが好きではないから、普段は使用していないのですが、むくみがつらい時には助かるアイテムです。

 

長時間座っているとどうしても足がむくみます

私は長時間座っていると足がむくみます。特にひざから下がパンパンにむくみます。

 

吹奏楽団に入っているのですが、夜だけの2時間半ほどの練習では、椅子に座りっぱなしで練習しています。その時は、ほとんど足はむくみません。

 

しかし、お昼過ぎから夜にかけての練習は、休憩を何度か挟んでも7時間ほど椅子に座って練習しているので、練習が終わる頃には足首のシルエットがあまり分からなくなるほどむくんでいます。

 

予防として、椅子に座っている時に足の指をうごかして血流を促して何とかむくまないように努力はしています。

 

しかし、演奏に集中していると忘れてしまうことが多く、帰宅するとお風呂に入っているときに手で足をマッサージしています。

 

湯船の中でマッサージした方が水圧のせいか早くむくみが取れます。

 

お風呂でリンパマッサージして足のむくみ解消

 

夕方になると足がむくんできます。それほどひどくないけど、むくむと足が疲れるし、放置しているとセルライトになるので、早めに解消するようにしています。

 

むくむ原因は血液やリンパの流れが悪いことです。血液やリンパが滞ると、水分がしみだしてむくみになります。流れをよくしてあげれば水分や老廃物が排泄されてむくみを解消できます。

 

流れをよくする簡単な方法はリンパマッサージです。入浴中は体が温まっていることと、水圧で血流がよくなるのでむくみ解消効果が高くなります。お風呂の中でリンパマッサージをすると、すぐに足がスッキリします。体が濡れているから手が滑りやすくてマッサージしやすいのもお風呂でやる利点です。

 

入浴前と後では足の太さが違って驚くこともあります。